格安な航空会社スカイマークで長崎に行ってみました

長崎はとても魅力の多い街です。坂が多いその町は、少し歩くだけで、悠久の歴史と極彩色の異文化にじかに触れ、感じることができました。
孔子廟や大浦天主堂はそれを端的に示している建造物と言えます。

孔子廟は、日本三大孔子廟の一つに数えられている立派な建物ですが、他の国内の孔子廟と違うところは、その建物がかつて中国人によって作られた日本唯一の本格中国式霊廟であることです。日本にはめずらしい、朱と金でいろどられた荘厳な霊廟の中に入ると、まるで中国の大河ドラマに入り込んだよう。
日本にいながら、中国文化を目で、肌で、感じることができます。

大浦天主堂は日本最古のカトリック教会で、戦国時代のおわりに、殉職したキリスト教徒二十六聖人のために建てられた教会です。
その教会の荘厳さ、そことなく漂うひんやりとした空気、南蛮趣味な雰囲気は、まさに建物そのものが聖歌隊が奏でる音楽のようで、気持ちは自然と教会の歴史へと馳せられます。教会へと向かうまでの坂でカステラをはじめとした名物を食べ歩きできるのも魅力の一つです。

さらに、欠かすことのできない話題が、もう一つあります。先日世界遺産に登録された軍艦島。
正式名称を端島というその島は、世界遺産の他にも、映画のロケに使われたりとなにかと話題に事欠きません。
かつて海底炭鉱のために繁栄を極めた軍艦島。いまは、そこから人だけがすっかり姿を消した廃墟と化しています。
その姿は奇妙なノスタルジーで、見るものをつつみ、当惑させ、圧巻させました。
映画のスクリーンやパソコンの画面を通してではわからない、実物の「廃墟・軍艦島」の雰囲気を肌で感じることができ、とても満足しました。

軍艦島に向かう途中にある三菱のドッグや、港の近くにある出島は、この街が昔から海運の要所であったことを物語っています。
誰もが教科書で読んだことある、当たり前の知識。それでも、いや、だからこそ、実際にその場を訪れ、その歴史に触れることで得られる感動は、計り知れないものです。

ほかにも、ハウステンボスや思案橋横丁、夜景、さらに名物おくんち祭まで堪能し、とても書き切れないほどたくさんの素敵なことにあふれた旅になりました。

imagesaa
そんな歴史と文化と食の魅力的な世界へと、スカイマークなら、国内旅行 航空券を格安の値段でひとっ飛びする事ができます。
荷物もしっかり持っていける上に、格安なので、探索や食べ物に十分すぎるほど費用をさくことができました。
ステキな思い出は、リーズナブルさも伴ってできるものであるなあとしみじみ実感しました。

スカイマークで長崎行き出張も格安に

スカイマークを利用して長崎への出張をすることになったのですが、驚くほど安かったです。
こちらの航空会社は利用したことがなかったのですが、サービスがあまりよくないという風に聞いていました。ですが、実際に利用してみたところ、そんなに気になるようなこともなかったです。ただ、座席はやはり大手の航空会社よりも少し狭かったです。

平均身長の自分だと少し狭いなと感じる程度ですが、長身の方や大きな体の方だと狭くて身動きしにくいと思いました。
搭乗するときには、小さなお子さんや赤ちゃん連れの家族の方、補助を必要とする年配の方などを優先していたので、スムーズでした。ですが、飛行機から降りるときにはやたらと時間がかかったのはなぜだったのか不思議でした。国内の空港から空港までの短時間なので、サービスで少し不満があったとしたらドリンクが有料だったことです。ただ、これは手荷物として事前に自販機や売店などで購入して持ち込めばいいのであまり気にするようなことでもないと感じました。

ただ、乗客にマナーが悪い人が何人かいました。アテンダントの方に注意をお願いして少し落ち着いたかと思うと、また同じことを繰り返して不愉快でした。アテンダントの方の注意の仕方ももう少し対人の勉強をしてほしいと思いました。それから、受付のカウンターの方も忙しいのでいらだっているのがこちらにもわかるような接客の仕方をしていました。忙しくて大変なのだろう、と気にしなかったですが、ほかのお客様には不愉快そうな顔をしている人もいました。

サービスはほかにもあまり言うことはなかったのですが、これは国内の短時間だからであって、海外への長時間のものだと苦痛を感じる人もいると思います。
降りるときに通路でもたもたとしている人たちを案内することが上手にできなかったアテンダントの方たちはきちんと勉強と経験をつめば大手の航空会社とあまり変わらない程度のサービスをさっと出来るようになるのではないかと感じました

一生懸命している方もいたので、もし次に利用させてもらうことがあったときには期待したいです。
帰りも同じこちらの航空会社のものを利用したのですが、眠っていてサービスを気にすることもなかったです。

短時間の移動距離ですが、きちんとアテンダントの方が対応をしてくれていたことも多かったです。
何よりも航空券が大手の航空会社よりも半分近くの料金で購入できたのがうれしかったです。

新幹線よりも安い!長崎へもスカイマークでお得

長崎へ旅行に行くことになったとき、はじめてスカイマークを利用したのですが驚くことがいくつかありました。
まず、航空券を購入したときにその安さに驚きました。いつも利用している大手の航空会社の半分近くの料金で購入することができました。今までそんなところはなかったので、それには本当に驚いて何度も確認をしてしまいました。ホームページから予約をすることができるのもよかったです。わかりやすいのもいいです。
ただ、サービスに不安がある、という人がいたとおり、アテンダントの方たちの行動が遅かったり、見当はずれなことをしたりということがあったのが残念でした。

価格が安いせいなのか、乗客の方で少しマナーが悪い方がいたので注意してくれるようにアテンダントの方にお願いしたら、返事はしてくれましたがそれだけでした。空港に着くまでいらいらすることになったのでこれはよくないと思いました。

また、大手の航空会社では無料になっていることが多いドリンクが有料になっているのも気になりましたが、これは事前に知っておけば売店や販売機などで自分の好きなものを購入しておけばいいだけなので、あまり気になるようなことだとは思わなかったです。そのときはたまたま事前に購入していなかったので機内のサービスで購入しましたが、次に利用することがあったら手荷物で持ち込みたいと思います。

搭乗するときには小さなお子様や赤ちゃん連れの家族を優先したり、補助が必要になっている人を優先させていたのでスムーズに乗ることができました。これはとてもよかったです。ただ、降りるときにはやたらと時間がかかったのがとても不思議でした。アテンダントの方の案内ももたもたとしている感じだったので、急いでいるときには苛立ちそうだと感じました。もし旅行ではなく、ビジネスのための移動だったら、1本早めのものを予約するなど、自分で工夫をすると格安で移動することができ
るのでいいと思います。

新幹線で移動をする料金よりも価格が安かったので、そのことを考えるとサービスの点で文句をいうほどではないと思いましたが、アテンダントの方はもう少し接客について勉強をすると、もっと人気がある航空会社になるのではないかと思いました。自分で実際に利用をしてみると、確かに気になることはありましたが、お得な料金で移動することができたし、旅行の費用にも余裕ができたので食事もおいしいものを食べることができたのでよかったです。

本当に格安?羽田発長崎行きのスカイマークの運賃について

羽田発長崎行きの便を運航しているのは、スカイマークと全日空、ソラシドエア、日本航空の合計4社です。普通航空運賃で比較すると、この会社は30,190円で、全日空が46,390円、ソラシドエアは時期によって普通航空運賃が異なり、6月は37,500円で7月は40,500円となっています。

日本航空は46,100円です。普通航空運賃だけで見ても、この航空会社が圧倒的に安いです。しかもここは、当日予約以外なら、何らかの割引が受けられます。それも考慮すると、本当に格安であることは間違いありません。

もっと早く、こうした航空会社が登場していてくれたら、と考えている人は多いでしょう。飛行機は高いもの、いつも同じ運賃であるもの、という時代がずいぶん続いていましたから。羽田から九州とか、北海道などへの長距離移動をする場合は特にそう願われていたことでしょう。飛行機利用と鉄道利用では所要時間が大きく異なるため、東京大阪間などと違って、どちらでもいいってわけではありませんから。

この航空会社の割引き運賃を利用すると、普通航空運賃の四分の一程度になることもあります。これは驚異的です。航空会社が各利用者に直接、こうした割引き運賃を提供するのですから。国内航空会社がわずか3社に限定されていた以前だったら、考えられなかったことです。

おかげで利用者は、空き状況によっては、普通航空運賃30,190円のところ8,500円で利用できるチャンスを得ることができています。この航空会社では、いま得という、搭乗3日前まで予約できる割引制度を設けています。予約の変更はできませんし、その便に乗れなくなったら、6,000円のキャンセル料金がかかります。しかし、空席状況によっては、普通航空運賃30,190円のところ8,500円になることもあります。そうなったら、他の航空会社の五分の一か六分の一の運賃ということになります。」

これは利用するしかありません。ただ、いま得は便の変更もできず、割引率は空席状況次第という、運に左右される面があります。前割1という割引制度を使うと28,190円となります。前割1は便の変更もでき、搭乗前日まで予約できます。それでもこんなに割引きされます。前割3なら搭乗3日前まで予約可能で26,190円に、搭乗7日前まで予約可能な前割7なら23,190円になります。一週間前まで予約するだけで、他の航空会社の半額にもなり、非常にお得です。

長崎行きのスカイマーク空席照会の仕方

スカイマークの希望の路線の空席情報を知るには、航空会社のホームページから閲覧する、電話をかける、あるいは旅行代理店のインターネットサイトから確認する、そして現在普及しているスマートフォンやタブレット向けのアプリを利用するという3つの方法が主流となっています。

たとえば、長崎行きの空席情報を知りたい場合は航空会社のホームページで調べるのが最も早くて正確でしょう。
ホームページのトップに置かれている空席照会・予約のボックスに、出発地、到着地、搭乗日を入力して空席照会のボタンをクリックします。

そうすると指定した日にちの空席情報を確認でき、運賃ごとの空席情報を知ることができます。 たとえば12時50分出発地空港発、14時00分目的地空港到着の普通運賃での空席は残り7席、前割の席は空席無し、直前割は発売前、などの詳しい情報を一度にチェックすることができます。
出発地の空港から出ている便の数と出発時間、そして到着地までにかかるおおよそのフライト時間と到着時間も確認することができます。 
また出発日時を前日や翌日にその場でずらすこともでき、逆区間の空席情報も調べることができるようになっています。

最も分かり易く、また時間もそれほどかからない手段のひとつとして、ホームページに記載されているお問い合わせ窓口へ電話するという方法もあります。 空席情報だけでなく何か分からないことがあればその場で質問して相手が答えてくれるため、インターネットによる照会が難しいという人などは電話での空席照会を試みるのも良いでしょう。

旅行代理店のインターネットから見る空席情報は、たいていの場合がツアー予約時に確認することになります。
1泊2日などのツアーで往路と復路を選択する際に、空席があるかどうかを確認できます。 一方で航空会社のホームページ掲載の情報よりも少し前の情報を載せている場合もあるため、純粋に空席情報のみを調べたい場合は航空会社のホームページからチェックするのが良いでしょう。

空席情報の照会はパソコンからのみではなく、昨今世に普及しているスマートフォンやタブレット端末でも調べることができます。
特にスマートフォンやタブレットのOSに対応した空席情報アプリが提供されているため、指定の便の席が空いているかどうかを外出時でもリアルタイムで確認できるようになりました。
また、指定した空席の割引価格の有無も確認できるアプリもあるため、活用するのも良いでしょう。